肌トラブル知らずで マイナス10歳以上の肌に

実は自分の肌に100%合った天然紫外線吸収剤は存在しているのです

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

日焼け止めを使っている
日焼けしたくない
そんな貴方へ

 

 

日焼け止めたっぷりはNG?

毎日 お天気も良く 暑いですが
いつもより日焼け止めをタップリ塗ってしまおうとしていませんか?
それは正しいでしょうか? 間違いでしょうか?

確かに塗る量が少なかったり ムラになったりすれば、
紫外線を完全にカットすることは出来ません。
だからといって、厚く塗ればよいという問題でもありません。

たとえば 夏に肌を紫外線から守るために、毛皮のコートを着れば
分厚い服で肌を隠しているので、紫外線カットとしての効果は高いです。

ですが、暑くて体にかえって 負担となってしまい
熱中症になってしまうかもしれません。
それと同じで 顔も素肌を隠すためにクリーム等を厚く塗れば塗るほど
肌が疲れてしまい、肌の健康や美しさを奪ってしまいます。

これでは、キレイな肌を維持することはできなくなります。
もともと、肌は、ミルフィーユの様に薄い層が重なっているものです。
しかも、肌のいちばん表面にある角質層は20ミクロンという薄さです。
その薄い肌に、紫外線が気になるからと言って、
目で見てもわかるぐらいの厚さの日焼け止め等を
お顔に塗ってしまうのは不自然極まりないですし、肌も疲れます。
すると、ターンオーバーがうまくいかなくなります。

紫外線のことばかりが気になり、素肌に直接つけているクリームなどの安全性には、
無頓着になってしまっている方が多いです。
いくら、紫外線を防げたとしても、肌を弱らせてしまうようなものを使っていたら
スキンケアの目的は 何?と、聞きたくなります。
本末転倒とは このことでしょう。
PPC_taiyounohansyasurukawa500

▲水の反射も日焼けします

 

素肌の美しさを損なわない日焼け止めは?

実は 紫外線が肌に与えるダメージよりも、
間違ったスキンケア、過剰な日焼け止めや美白化粧品を連用する方が、
肌に与えるダメージは大きなものです。

紫外線対策の基本は、丈夫な肌を作ることからです。
生活紫外線(日常生活で浴びる紫外線)レベルであれば、
ローション+クリーム+紫外線カットクリーム+パウダーだけでも十分に防げます。
使用する化粧品は弱酸性で界面活性剤不使用のものが前提です。
フェイシャルパウダーは その粉体の構成が紫外線散乱剤なので
それだけでも 十分紫外線はカットできます。
成分は 酸化チタン 酸化亜鉛 など
よくフェイスパウダーやファンデーションなどに入っています。

自分に100%合った紫外線吸収剤とは

実はメラニンは
「紫外線」を吸収し、紫外線という化学光線が皮膚の中で
毒物をつくらないよう防ぐ働きをしてくれています。
このメラニンというのは、無毒で安全しかも非常に効率のいい
「天然」の「紫外線吸収剤」です。

肌が焼けると小麦色になるのは
このメラニンの暗幕で、
これがシミやシワの原因となる紫外線を吸収し防いでくれているのです。

ただ、男女とも歳を重ねると共に皮膚が弱くなっていきます。
その表皮の弱くなった部分に紫外線が当ると、
「シミ」をつくる原因となってしまいますので、
やはり浴びすぎないようにしなければいけません。

紫外線を浴びすぎて一番怖いことは皮膚がんです。
そうならないためにも、メラニンを分布して紫外線を吸収してしまう働きが、
このメラニンの大きな役割のです!

だから、メラニンのできにくい白人の人は、紫外線に対する抵抗力が弱く、
浴びすぎると、ひどいシミや皮膚がんになる確率が高いのです・・・

でも、日本人は 自分の肌に100%合う<天然の紫外線吸収剤>メラニンを
つくることができるので、そこまではひどくなりません。

N912_taiyouhimawari500

 

美白化粧品はダメ

美白化粧品は使ってほしくありません。
どうしてか ご存知でしょうか?

先ほどもお話したように、紫外線から皮膚を守る天然の紫外線吸収剤、
メラニンを漂白して破壊してしまうものばかりだからです。

たとえ、メラニンを壊して美白を手に入れたとしても、
結果、紫外線に弱くなる肌をつくってしまい、
もっともっとシミやシワなどをつくってしまう原因になってしまうからです!
また、皮膚がんになる確率も高めてしまうおそれもあります。

バリアを壊してメラニンを漂白するような行為は、肌の健康上非常に危険です。
だから、美白化粧品には要注意なのです。
つい 最近もこの美白化粧品の被害で問題になったばかりでしたね。

「同じメーカーじゃないから大丈夫」 とか
「中身が違うから大丈夫」 など
と思ったら 大間違いです。
基本は同じ作りですので 気を付けてください。

マリリンも美白ものを使ってみましたが
肌はボロボロで 極度に乾燥した肌になり
元通りにするのが大変でした。
 

肌を損なわない日焼け止めの方法

◆ SPF値を鵜呑みにしない
◆ 毒性の有る「紫外線吸収剤」を使った日焼け止めは常用しない
◆ 日常の紫外線対策は「散乱法」による日焼け止めを使う
◆ 落とす時は、水で洗い流せるタイプのクレンジングオイル使わず
固めの脂 または 油で落とす

ということが大切です。

暑い時期はバリアゾーンが緩みがちです。
お肌 お大事に。

 

 

肌がみるみるキレイになった!どんなことしたの?をE-bookにパッケージ

無料ダウンロードE-book

 

20分で学べる!貴女の肌に合ったスキンケア

<肌に合っていないから肌トラブルやたるみを招く>

オーダーメイドスキンケア

マリリンの受講生さん達をキレイにしてきた実例と

スキンケア方法を写真付きで解説!余すところなく公開!

実践編もついて、このボリューム。

是非、あなたのこれからのスキンケアに

お役立てください。

期間限定の特典付きなので、

今のうちにダウンロードしてみてください。

たるみスッキリ!

 肌しっとり!

この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 毬谷の読む秘密のアンチエイジングコスメ , 2014 All Rights Reserved.