肌トラブル知らずで マイナス10歳以上の肌に

化粧品に含まれるアルコールは本当に肌に良いのか?

    
\ この記事を共有 /
化粧品に含まれるアルコールは本当に肌に良いのか?

アルコールは、主にエキス類や有用な成分など水に溶けにくい物質を、化粧水に溶かし込むための「溶剤」として必要量を入れます。

 

当然、育毛剤のように刺激を得るための高濃度を使用したら、
乾燥肌になったり肌のバリアも弱くなってしまいます。

 

本当にアルコールは悪者か?

 

ですが、目的と濃度さえ、誤らなければとても有効な利用が出来るものです。

 

しかも、揮発性が高いのでサッパリ感や清涼感を肌に与えくれ、使用感を良くしてくれるのです。

 

肌の表面は、皮脂でつくられた弱酸性の環境で保護されています。

 

でも、そんな皮脂の環境へ、いつまでも化粧水の水分が、肌に残り続けるのは良くない事なのです。

 

そんな皮脂の潤いをさまたげないように、アルコールが揮発する際に、水分を連れていくので、肌の引き締めにも役立っています。

 

ということで、アルコールが入ったものを使い続けても、乾燥肌になることはありません。

 

(アトピーやアレルギー、または石けん洗顔出来ないぐらい肌が弱っている場合は、ちょっと話が違ってきますが、そうでなければ大丈夫です。)

 

化粧品用に用いられる「変性アルコール」には、有害(メチルアルコールなど)な添加物は使用されていません。これは、ちゃんと政府所定の規定による変性剤のみ用いられています。

 

1

(Visited 11 times, 1 visits today)
肌がみるみるキレイになった!どんなことしたの?をE-bookにパッケージ

30代からの肌断食

入門ハンドブック

<肌に合っていないから肌トラブルやたるみを招く>

アンチエイジングスキンケアの基礎

肌断食

マリリンの受講生さん達をキレイにしてきた実例と

実践したことを写真付きで解説!余すところなく公開!

実践編もついて、このボリューム。

是非、あなたのこれからのスキンケアに

お役立てください。

無料!期間限定の特典付きなので、

今のうちにダウンロードしてみてください。

たるみスッキリ!

 肌しっとり!

肌断食

肌の劣化・老化を感じ始めたら

マリリン流スキンケアで

肌のデトックス&毛穴と顔の引き締め