肌トラブル知らずで マイナス10歳以上の肌に

ココナッツオイルは肌に良いの?という質問に答えてみました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)<乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

こんにちわ、マリリンです。
ココナッツオイルって、
とても人気ですね。

「そもそもオイルって、どうなんですか?」

そんな質問をよくいただくので、
今日は それを記事にしてみました。

 

オイルの種類と肌なじみ

オイルって、
植物油
動物油
鉱物油
の3種類があります。

 

肌になじみやすい順に、

動物油
植物油
鉱物油となります。

 

ということは、馬油などは
肌になじみやすいという事になります。

 

植物油もしかりです。
今、人気のココナツオイルも
そうですね。

肌馴染が良い分
悪い面があります。

 

オイルは
塗るだけで 即!馴染んで、

時間もかけず、手間も要らず、
一時的にしっとりします。

 

ですが、
それには、ちゃんとリスクがあります。

 

それは、スキンケアが下手だからこそ、
皮脂汚れ、ちり、ほこり、
メイク汚れの取り残しが
肌表面や毛穴にあると、

全て オイルで溶かして、
混ざり合って、
肌になじんでいくのです。

 

それって、どうです?

早くしっとりするかもしれませんが
それは、あなたの望むことでしょうか?

 

「多少、汚れも混じっても
しっとりすればOK!」

 

なら、何も言いません。
それでも 肌の強い方は
いらっしゃるので
それはそれで良いと思います。

 

ただ、黒ずみやくすみが
出る可能性はあるでしょう。

代謝が悪ければ、
角栓になるかもしれません。

ココナッツオイルの素

 

ニキビ肌に動物性・植物性のオイルは不向き

また、ニキビのできやすい方が
ココナッツオイルのような

動物性・植物性オイルを使えば、
ニキビが増えて、
ひどくなる可能性も否定できません。

 

美肌菌は肌環境のバランスが
取れている間は良いのですが、

日和見的で、
動物性・植物性オイルが大好物なので、
繁殖してしまうと、
肌環境を損ねます。

 

ということは、アクネ菌が悪い方向に
暴走し、ニキビを作ってしまうことになります。

マリリンはいくらスキンケア上手でも
動物性・植物性オイルは使いません。

 

美しい肌でいるためには
やはり、テクスチャーの
硬いパラフィンを選びます。

肌馴染は悪い分、
べた付きますが、
その分、汚れも馴染むことがありません。

医療用にも使われる高ランク、
高品質のモノなら肌に優しいです。

肌に馴染みにくいからこそ、
馴染む前に汚れを包み取り、
肌になじむ前にオフ出来て、

 

乾燥時、肌になじませたければ、
パックをするかのように
時間をかけて
なじませればよいわけですから。

しかも角栓にも黒ずみにも
全くなりません。

 

オイルと言えば、
女性はときめく方が多いですが、
美肌を目指しているスキンケア下手さんには、
おススメしないですね。

ココナッツを食べる

ココナッツオイルは食べるのなら
大いに大賛成ですが、

ニキビのできやすい方や
スキンケア下手な方が

スキンケア、特に顔やボディの
皮脂分泌の盛んな部分に使うのは、
異論を唱えます。

 

 

 

 

肌がみるみるキレイになった!どんなことしたの?をE-bookにパッケージ

無料ダウンロードE-book

 

20分で学べる!貴女の肌に合ったスキンケア

<肌に合っていないから肌トラブルやたるみを招く>

オーダーメイドスキンケア

マリリンの受講生さん達をキレイにしてきた実例と

スキンケア方法を写真付きで解説!余すところなく公開!

実践編もついて、このボリューム。

是非、あなたのこれからのスキンケアに

お役立てください。

期間限定の特典付きなので、

今のうちにダウンロードしてみてください。

たるみスッキリ!

 肌しっとり!

この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)<乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© マリリンの読む秘密のアンチエイジングコスメ , 2015 All Rights Reserved.