肌トラブル知らずで マイナス10歳以上の肌に

化粧品と医薬部外品はどんな違いがあるのか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・乗馬・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

化粧品と医薬部外品の違いは?医薬部外品の方が効果ありそうだけど?

 

はい、マリリンです。化粧品と医薬部外品の違いって、ご存じですか?「医薬部外品の方が効果があって美肌になれそう!」かつての私もそんな風に思って、コスメジプシーしていました。

 

でも、実際はどうなの?ということで化粧品と医薬部外品の違いを説明させていただきます。

 

化粧品と医薬部外品と医薬品

顔や体、髪などに使うケア商品には、「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」があり、(石鹸の場合は雑貨扱いの物もあります。)薬機法(旧薬事法のこと)で分類されています。

 

化粧品

・医薬部外品よりも効果効能が緩い

・<肌を清潔にする・美しくする・健やかに保つ>ことを目的にしているもの

・美白など、効果についての表記は認められていない

・石鹸、歯磨き粉(一部を除く)や シャンプー、ファンデーションなども化粧品に分類

・原則として全成分を表示

・すべての成分を箱や容器に表示

・配合量の多い順に成分を記載

・1%以下の成分は順不同で良い

医薬部外品

・厚生労働省が効果効能があると認めた有効成分が一定の濃度で配合されている

・医薬品のように効果が必ずしもあるわけではない

・効果が期待できる程度のもの

・予防が目的

・(ニキビを防ぐ)(美白効果がある)と表記してよい

・全成分の表示の義務は無し(表示指定成分のみ表示)

・配合成分の記載の順番は自由

医薬品

・病気やケガなどの治療を目的としたもの

・薬である

・厚生労働省によって効果効能が認められた有効成分が含まれている

・薬局、ドラッグストアで売られている一般用医薬品と要指導化粧品、医師や薬剤師の指示で処方される医療用医薬品とある

 

これを見ても、化粧品 → 医薬部外品 → 医薬品 という順に効果が大きくなります。

ですが、効果があるということはそれだけリスクも伴うので、同じ順でリスクも大きくなります。

 

 

化粧品と医薬部外品の違い

化粧品と医薬部外品の違いは、厚労省が認めた有効成分が入っているかいないかの違いで、その有効成分が1種類でも、微量でも入っていれば、医薬部外品として販売できます。

 

有効成分に働いてもらうには、肌のバリアゾーンを緩める必要があります。なぜなら、バリア機能がしっかりしている肌の上に有効成分がのっかっているだけでは意味がないからです。

 

なので、バリアゾーンを緩めて有効成分を浸透させるためには、浸透剤という名の合成界面活性剤が使われています。これによって、皮脂膜がなくなり、水を弾く肌力を失ってしまいます。

 

バリアゾーンを壊すと、肌の上で水が転がらず、広がるように流れていきます。そして、角質層内の細胞間脂質のセラミドまで流れ出てしまい、潤いを保持できなくなります。

 

この状態が乾燥肌です。当然、肌の環境が悪くなってしまって美肌菌と呼ばれている常在菌は全く住めません。

 

表示の義務がないということは?

医薬部外品は全成分表示の義務がないので、中に入っている成分を表示したくなければ、表示しなくても良いのです。有効成分を少しでも入れて、医薬部外品にしてしまえば、中身はわかりません。

 

本当に自信をもって良い化粧品を出しているのであれば、成分名を隠す必要もないはずなので、全成分が表示されていないものや、表示名が?なものなどは、選ばない方が良いでしょう。

 

実はどちらもあまり変わらないことも

医薬部外品は、美白や保湿などの効果があれば、許可されます。以下、ビタミンCを使った場合を取り上げてみました。

 

 化粧品 = 水+油+合成界面活性剤(乳化剤)+ビタミンC(酸化防止剤)

医薬部外品= 水+油+合成界面活性剤(浸透剤)+ビタミンC(美白剤)

これですと、「合成界面活性剤が乳化剤として入っているのか、浸透剤として入っているのか?」

 

「ビタミンCが酸化防止剤として入っているのか?美白剤として入っているのか?」

 

の違いで、基本的に両者は同じということになります。「なぁ~んだ!」と、思ってしまいますよね。「これじゃ中身は同じじゃない!」ということです。

 

 

まとめ

いかがでしたか? 私も化粧品よりも医薬部外品の方が効果が高い方という理由で、使っていた頃がありました。ですが、化粧品をコロコロ変えるし、良いのは最初だけ。

 

いつまでこれを繰り返すのか?と思っていました。そのころは肌が上向きになっていくことはありませんでした。肌に浸透させてもそれだけ肌の劣化や老化を早めていたのです。

 

結局、化粧品だろうが、医薬部外品だろうが、肌のバリア機能を低下させてしまうものは肌を劣化させるだけで、有効成分などはメラニンに処理されてシミになるだけだとわかったのでした。

 

バリア機能の大切さを肌で感じるようになってからというもの、今現在はそのころよりも肌が元気があって、キレイですし、たるまないのです。

 

本当に肌に大事なのは、有効成分ではなく、「バリア機能、肌の環境、ターンオーバー、血行」の4つです。この4つが正常ならば、トラブル知らずで肌を美しくすることが出来ますし、老化も遅らせることが可能です。

 

いくつになっても若い、美しい肌でいたい方には、バリアゾーンや肌の環境を壊さない化粧品を使ってほしいと思います。

 

 

肌がみるみるキレイになった!どんなことしたの?をE-bookにパッケージ

30代からの肌断食

入門ハンドブック

<肌に合っていないから肌トラブルやたるみを招く>

アンチエイジングスキンケアの基礎

肌断食

マリリンの受講生さん達をキレイにしてきた実例と

実践したことを写真付きで解説!余すところなく公開!

実践編もついて、このボリューム。

是非、あなたのこれからのスキンケアに

お役立てください。

無料!期間限定の特典付きなので、

今のうちにダウンロードしてみてください。

たるみスッキリ!

 肌しっとり!

肌断食

肌の劣化・老化を感じ始めたら

マリリン流スキンケアで

肌のデトックス&毛穴と顔の引き締め

この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・乗馬・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© マリリンの読む秘密のアンチエイジングコスメ , 2018 All Rights Reserved.