肌トラブル知らずで マイナス10歳以上の肌に

顔のたるみは夏に進行し秋冬に老け顔になる!老けさせない夏のスキンケア

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

毎年、秋冬に急に老けた気がしませんか?

 

 

今回の記事は乾燥肌、インナードライ肌向けの内容です。

 

「なんだか、去年よりも顔が老けたわ~!」と、感じるのは大体、秋冬。夏は皮脂の出も良いので、肌は好調になります。が、その時に洗顔を間違うと、

 

秋冬は乾燥肌が顕著に出てしまい、たるみが強調され、老けた顔になってしまいます。それを毎年毎年繰り返せば、本来の自分よりも余計に老けてしまいます。

 

自分で自分を老けさせてしまっているなんて!!そうならないためにも、夏の洗顔を変えてみましょう。

 

夏のスキンケアで秋冬の肌が決まる

夏のスキンケアで秋冬の肌が決まるなんて、当たり前のようにも聞こえるでしょうが、それを意識してケアをしている人は少ないでしょう。

 

夏は肌が代謝しやすい条件が揃いやすいので、代謝も上げやすく、夏の間にきちんとケアをしておくと、秋冬の肌に差が付きます。

 

気温が高く、湿度も高い。そして皮脂の出が良くなっているという条件なら、常にさっぱり、サラサラの肌でいたいと思う方も多いでしょう。確かにその方が快適です。

 

ですが、それではバリアゾーンも緩みやすく、紫外線も降り注いでいるので、肌はダメージを受けやすいのです。その上、夏は肌の調子が良いと錯覚しやすいので、隠れ乾燥肌の状態となり、ケアの仕方を間違えてしまうようです。

 

そうなれば、秋冬に肌ががくんとたるんで老けてしまう羽目に陥ります。

 

 

乾燥させない!たるませない!夏のスキンケアで気を付けるべき点

夏の洗顔は慎重に行わなければなりません。肌の調子が良いと錯覚していると、ついつい普通肌と同じようにケアしてしまいがちですが、秋冬に乾燥する方の多くは、夏も乾燥肌です。

 

それなのに、皮脂や汗でべたべたするからと、洗顔のし過ぎはかえって肌をより深刻にします。

 

まず、第一に気を付けべきは洗顔です。クレンジングや洗顔料などをお使いの方は、手を使わずに水で落とせるようなものは洗浄力が強いので、ある程度手で洗い流せるものの方が肌には優しいです。

 

朝から石鹸や洗顔料を使ってキレイさっぱり洗顔しないようにしましょう。新鮮な皮脂は大事な肌のうるおいです。

 

夜寝ている間の顔の汚れは、ちり、埃程度ですので、水性の汚れがほとんどです。皮脂が出ていたとしても、ぬるま湯で適度に落ちてくれますので、

 

特に石鹸や洗顔料を使う必要もありませんし、ぬるま湯の温度も低めで大丈夫です。肌のダメージが酷い場合は化粧水で洗顔してください。

 

重要なのは、べたつきを嫌がって皮脂を落としすぎないことです。

 

乾燥肌・インナードライ肌の洗顔方法

朝の洗顔

1、ぬるま湯で洗顔

  脂っぽい部分は丁寧に、でも皮脂を取りすぎないで。

 

2、ぬるま湯で洗顔後は、濡れた肌をタオルで拭かずに、

  オイルなどをそのままつける

  ニキビ肌の方は動物性や植物性オイルは不可、鉱物油系のオイルが◎

 

3、タオルで水滴だけを押さえ拭き

 

4、化粧水をつけます。 

 

5、残りのケアを行います。

夜の洗顔

1、夜の洗顔はしっかり空気と水を加えて泡立てて、肌に乗せてうぶ毛洗いをしてください。

  ダメージ肌の方は優しく産毛を洗うようにして手を浮かせるようにしてください。

 

2、ぬるま湯でよくすすいだ後は、濡れた肌をタオルで拭かずに、

  オイルなどをそのままつける

  ニキビ肌の方は動物性や植物性オイルは不可、鉱物油系のオイルが◎

 

3、タオルで水滴だけを押さえ拭き

 

4、化粧水をつけます。

 

5、残りのケアを行います。

 

 

 

化粧水はつけた時に、オイルで化粧水が弾くような気がしても大丈夫です。弾いた分だけかえって肌には良いのです。それと出回っているほとんどの化粧水はオイルと馴染むので、大丈夫です。

 

(一部オイルと混ざりにくい性質のものもあります)

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?顔のたるみを食い止めるには、夏のスキンケアでしっかり秋冬に備えておきましょう。

 

■まずは重要な洗顔で潤いを取りすぎないこと

■洗顔後はタオルで顔を拭かずにオイルをつける

■化粧水が弾く気がしても化粧水の多くはオイルと馴染むので大丈夫

 

たったこれだけで秋冬に感じる、肌の乾燥やたるみ感は幾分軽くなると思います。しっかり皮脂を意識してスキンケアして、紫外線対策もばっちりで夏を乗り切ってくださいね。それでは。

 

 

肌がみるみるキレイになった!どんなことしたの?をE-bookにパッケージ

無料ダウンロードE-book

 

20分で学べる!貴女の肌に合ったスキンケア

<肌に合っていないから肌トラブルやたるみを招く>

オーダーメイドスキンケア

マリリンの受講生さん達をキレイにしてきた実例と

スキンケア方法を写真付きで解説!余すところなく公開!

実践編もついて、このボリューム。

是非、あなたのこれからのスキンケアに

お役立てください。

期間限定の特典付きなので、

今のうちにダウンロードしてみてください。

たるみスッキリ!

 肌しっとり!

この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 毬谷の読む秘密のアンチエイジングコスメ , 2018 All Rights Reserved.