肌トラブル知らずで マイナス10歳以上の肌に

読むサク美!石鹸洗顔で自分の肌を知れば美肌スキンケアは成功する

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・乗馬・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

美肌になりたい

どんな石鹸がいいか 

いつも悩んでいる そんな貴方へ

 

美肌=スキンケアしない という記事タイトルをみかけましたが それはまた、極端なことです。
物事は 両極端を去ることが成功の鍵です。

例えば 子育て・・・どうですか? 褒めすぎても 叱りすぎてもいけないですね。
栄養豊富な食事・・・どうでしょう? 食べ過ぎても 食べなくても良くないですね。 腹八分目です。
ギターの弦・・・どうですか? 弦を張りすぎても 緩めすぎても 良い音は出ませんね。

スキンケアもメイクも同じで やりすぎても やらなさ過ぎても キレイは成功しません。
何事も中道です。

それと もうひとつ! 「すばやく」「効率的に」「きれいに」と、サク美したいなら急がば回れ!
美容行動については 何も異論はありませんが
スキンケアに サク美、
つまり「すばやく」「効率的に」「きれいに」を求めれば 美肌にはなれないと、言っておきます。

理由はこのブログを読み続けるうちにわかってくることと思います。

1

石鹸がいくら良くても使ってはいけない肌がある

洗顔はスキンケアの基礎です。
10年後20年後も美肌でいるには 普段からの洗顔の積み重ねと言えるかもしれません。

女性が1番美しい18歳を過ぎたあたりから2年間だけと言われています。
女性は男性のように毎日石けんで洗顔するのは
肌荒れすれば シミや小ジワにもなりやすいので 難しいのです。
一般に 石けんを優しく穏やかなものにするには増量剤で石けんを薄めます。

マリリンは、石鹸(固形)は原料の油脂に含まれている刺激性不純物を除去した高純度の石けんを使用しています。
弱い肌や やや乾燥肌の方には これがおススメです。
泡がキメ細かく、洗顔後の嫌なツッパリ感も感じないでしょう。

ですが、肌の状態によっては、いくらキメ細かい穏やかな石けんであっても、
当たり前に洗浄性は、あるので 石鹸使用でも 厳しい肌の状態であれば
洗いあがりがつっぱらない粘土の洗顔料で
微粒子の粘土ベントナイト(汚れを吸着する)配合の 洗顔料が良いでしょう。
皮脂を取りすぎず 余分な汚れを吸着して落とします。

朝の洗顔や石けん洗顔で乾燥を感じる方や敏感肌の方は
こういったタイプのものが 肌に負担がかかりません。

それでも、肌が乾いて厳しい場合は 肌のバリア機能が完全に壊れている状態と言えます。
全ての化粧品の使用を直ちに中止して 自然回復を待つしかありません。
こうなる前に 貴方のスキンケアが正しいかそうでないか 見直すことが肝心です。

a0001_017226

肌にもリンスが必要

ナチュラル 自然 といったものを意識されている方に 石鹸洗顔する方は特に多いかと思いますが
そもそも 石鹸で肌を洗いさえすれば 肌に負担がかからず穏やかだと思うのは間違いです。

石鹸である以上は 肌に優しくても洗浄力はあるわけですから
洗顔後は必ず アルカリに傾いた肌を後処理をすることが美肌を作る条件です。

石けんさえ使用していれば安全ではないことをまず覚えておいてください。
洗顔後は必ず肌をアルカリから弱酸性に傾け その後も保つようにしなければなりません。

それは どうしても石けんカスが残ってしまう場合があるからです。
(石鹸カスが残留したからといって それ自体が害になるわけではありません)
いつまでも石けん洗顔の後処理をさぼれば、
皮脂がしっかり分泌されている場合は別として 残留した石けんカスが常在菌たちのエサとなって、
異常繁殖し 肌環境を一時的に悪くしてしまう恐れも出てきます。
特に石けんに移行した時などは 吹き出物を生じる恐れもあるからです。

それと 大事なのは、適度にすすぐ ことです。
リンスという言葉の語源は「すすぐ」の意からきています。
肌も髪も同じたんぱく質、肌にもリンスは必要なのです。

0

美肌になれる肌環境を知る手がかりとは

石けんで洗顔すると、ある程度で洗浄力を失います。
汗、皮脂汚れがひどい時などに石鹸を使用していて 途中で滑りが悪くなった経験は誰にもあるかと思います。
これは、酸性な肌とアルカリな石鹸が出会うことで中和反応を起こし、
酸によって石けん分が破壊されたサインなのです。

つまり、合成洗剤を配合したクレンジングや複合石鹸のような「過度の洗浄力や脱脂力」をもつことがなく、
常に適度な洗顔をすることが可能ということなのです。
だから、たまに見かける弱酸性石鹸というものが、本来の石鹸たる所以ではないことがわかると思います。
前にも記事にしましたが 健康な肌環境とは、このアルカリな石けんで洗顔できる状態を示します。
なので 石けんを使用できるか否かは肌環境を知るたった1つの手ががりとも 言えますね。

 

 

肌がみるみるキレイになった!どんなことしたの?をE-bookにパッケージ

無料ダウンロードE-book

 

20分で学べる!貴女の肌に合ったスキンケア

<肌に合っていないから肌トラブルやたるみを招く>

オーダーメイドスキンケア

マリリンの受講生さん達をキレイにしてきた実例と

スキンケア方法を写真付きで解説!余すところなく公開!

実践編もついて、このボリューム。

是非、あなたのこれからのスキンケアに

お役立てください。

期間限定の特典付きなので、

今のうちにダウンロードしてみてください。

たるみスッキリ!

 肌しっとり!

この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・乗馬・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© マリリンの読む秘密のアンチエイジングコスメ , 2014 All Rights Reserved.