肌トラブル知らずで マイナス10歳以上の肌に

炭酸ガスパックを体験してみたけど実はどうなの?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・乗馬・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

10年先も20年先も美肌でいたい!

そんなあなたへ

 

こんにちわ、マリリンです。

今日は炭酸ガスパックについて、
読者様から質問がありましたので、
皆様もご興味がおありになるかと思い、
記事にしてみました。

 

炭酸ガスパックって、どうなの?

読者K様より ご質問です。

読者K : 「マリリンさん、こんにちは。
炭酸ガスパックは肌にとってどうなんでしょうか?
私は何度も使ったことがあり、
即効性がすごくて気に入っていました。

床ずれの治療に使われているとも聞いたことがあります。
でも実際、肌にとってどうなんでしょうか?」

 

化粧品には3種類ある

マリリンが考える「化粧品には3種類ある」
その3種類とは、

1、即効性はあるが、バリアゾーンを操作するため、
  日本人に多い肌質なら、弱い肌・乾燥肌・老化肌に
  なっていく可能性が高い。
  美肌菌が住みづらい。
  1番多いタイプの化粧品。

2、即効性はないが、バリアゾーンを守り、肌環境を大切にするため、
  永く美肌でいられて、老化も緩やか。
  美肌菌が住める状態。
  このタイプの化粧品は希少。

3、即効性はなく、肌環境を維持するには不完全。

この3つです。

炭酸ガスパックは、モノによりますが、
1と3に該当します。

 

バリア機能が緩んで肌が弱くなる

炭酸ガスパックは、ジェリー状のものに
粉を入れて混ぜる方式のものが多いですね。

肌を弱酸性にしてくれる点だけは良いですが、
結局、これも肌のバリア機能を緩めてしまうので、
1度お試しするくらいであれば、
肌がどうなると言うわけでもないですが、

このパックを使うと、肌がプルプルになるので、
(保湿化粧水がジェル状パックに変わっただけのこと)
肌の調子が良いからと言って、
連用すると、肌は弱くなります。

バリアゾーンを大切にしたい方は、
使わない方が良いでしょう。

 

効果的だと言われるものはそれほど入っていない

成分的には、疑似ホルモンなどが
入ったものもありますが、
(ホルモン系は即効性があり、万能です)
毒にも薬にもならないような処方のものが
多いですね。

なぜかというと、
パックなどで効果のありそうな成分を入れると、
バリアゾーンが緩み、
かぶれる確率が高くなるからです。

 

目玉成分は目くらましのおまけ程度

化粧品のほとんどは、
効きそうな成分が入っていたとしても、
工場に届くエキスなどの原料は、
原液でなく、薄めたものが届きます。

ですので、それを耳かき1杯程度、
入っているか、いないかくらいの量なら、
毒にも薬にもなりませんね。

ですが、バリアが緩んだりした肌には
浸透してしまう可能性があるので、
しみなどの原因にはなりやすいです。

そこにわざわざお金をかけて、
バリアゾーンを緩めて、
万年乾燥肌の老化肌にならないためにも、
肌を弱くすることはないのかなと思います。

医療に使われるから美容にもいい!は間違い

床ずれの治療と言うのは、
皮膚炎の予防のために、
保湿クリームを塗るそうなので、
おそらく、肌がプルプルになるからではないでしょうか。

私が目指す「10年先も20年先も美しい肌でいる」
という美の目標に沿ったものと、
高齢者の健康のためのものとは、
ずいぶん違いはあります。

それと、美容目的と医療目的では随分と違いがあります。
医療目的で、医師が使う薬品なら、
美容の立場からとやかく言う範囲ではありません。

「医療で使われるものだから、美容にも良い!」
は間違いですので、
そこのところを勘違いされないようにして下さい。

医療行為としては、
皮膚の疾患部分を治癒させるのに、
例外を除いて、バリアゾーンは破らなければ、
治療が出来ません。
(ホルモン使用ならバリアゾーンは破壊しなくても良い)

ですが、
美容の場合、肌を健やかに美しくするのが
目的なので、

バリアゾーンは緩めたり、
壊したりしないことが
美肌になるためには基本中の基本です。

 

パック本来の目的

パックの本来の目的は、
保湿や美白ではありません。

バリアゾーンがあるので、
保湿・美白成分は浸透しません。

成分を浸透させるなら、
バリアゾーンを緩めなければ、不可能です。

では、「どうしてパックをするのか?」
についてですが、

角質ケアのためです。
角質は加齢などで自力で
はがれにくくなってきます。

「面の皮が厚い」
というのは、年を重ねて羞恥心が
だんだんなくなってきたことを
言いますが、

年齢を重ねると、角質は厚くなりがちで、
それが原因で皮膚が固くなり、
しわになったりするので、
角質ケアをするために行うのです。

それでは、今日はパックについて、
あれこれ、お話させて頂きました。
有難うございました。

肌がみるみるキレイになった!どんなことしたの?をE-bookにパッケージ

無料ダウンロードE-book

 

20分で学べる!貴女の肌に合ったスキンケア

<肌に合っていないから肌トラブルやたるみを招く>

オーダーメイドスキンケア

マリリンの受講生さん達をキレイにしてきた実例と

スキンケア方法を写真付きで解説!余すところなく公開!

実践編もついて、このボリューム。

是非、あなたのこれからのスキンケアに

お役立てください。

期間限定の特典付きなので、

今のうちにダウンロードしてみてください。

たるみスッキリ!

 肌しっとり!

この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・乗馬・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© マリリンの読む秘密のアンチエイジングコスメ , 2015 All Rights Reserved.