肌トラブル知らずで マイナス10歳以上の肌に

肌がブルーライトで焼けるは本当か?肌に及ぼす影響とその対策

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

スマホ焼けって本当にするのかな?

ブルーライトは肌にも悪いの?

 

はい、マリリンです。昨日、受講生の方がブルーライト対策について質問がありました。ブルーライトは目だけでなく、肌にも悪いらしいと言われ始めたのは数年前からのようです。色素沈着などの恐れがあるなどで、それ専用の化粧品が出回っていますね。

 

目には悪いとは思っていたけど、まさか肌まで悪くなるなんて、そんな風に驚いた方も少なくないようです。今回は、そのブルーライト対策についてお話いたしますので、参考にしてくださいね。

 

 

ブルーライトって?

ブルーライトって、何でしょう?その名の通り、<青い光>のことです。肉眼で見える光を可視光線と言いますが、聞いたことはあるでしょうか?その目で確認できる光の中では、1番強い光なんだそうですが、対して、波長の長い赤外線や波長の短い紫外線は不可視光線と呼ばれ、私たちの目では見ることはできません。

 

ブルーライトはそのように自然の光、つまり太陽光に存在していますが、スーパーやお店の照明、家庭の照明、テレビ、パソコン、スマホなどからも発せられています。

 

では、ブルーライトはどのように人体に影響しているのかを調べてみました。自然の光に存在するものなので、紫外線や赤外線と同様、長所もあれば、短所もあるはずですものね。

 

良くないのは、悪いところばかり取り上げて、不安になり、何も出来なくなって動けなくなることです。何事も中道、偏りすぎては正しい判断はできないですから、両面見ていきましょう。

 

長所は、朝、青い光をじわじわ浴びることで目がスッキリ覚め、仕事能率も上がるようです。ということは、どうやら、昼間浴びると良い光のようですね。ですから、朝の目覚めが悪い方はこのブルーライトを利用すると体内時計もリセットされて、スッキリすると思います。

 

睡眠を誘うメラトニンというホルモンを抑制し、セロトニンというというものを分泌するようになるので、目覚めスッキリなのでしょう。ですが、テレビやパソコンのない時代は人間が夜、ブルーライトを見ることがなかったので、それだけ現代人の生活にはその使い方によって、良くも悪くも影響があるようです。

 

ですから、夜は何もスマホでなくても、室内の照明、コンビニに行ったりなどして照明の光を見れば、眠れなくなるなんてことも言われています。また、ブルーライトを発するモニターは集中力が一時的にアップするので、目が疲れるというのも納得ですね。

 

元来、人が朝、太陽の光と共に目覚めるのが健康的な生活、ブルーライトは自然の中に元々存在しているものですから、人にとっては必要なものです。問題は過剰になることですね。LEDも極端にいう方がありますが、LED=ブルーライトではなく、含まれているというものです。

 

 

ブルーライト

 

 

肌へのブルーライトの影響は?

そして、肝心の肌への影響は、睡眠の質を下げるので、それによって、血行や代謝が悪くなったり、肌荒れや肌老化に繋がる可能性があるとされています。

 

また、コラーゲンを減少させたり、肌を酸化させ、老化の原因となる<活性酸素>の生成を促進するようです。ということは、これが本当なら、シワやたるみはもちろん、ほうれい線やマリオネットラインの原因にも繋がりますね。

 

余談ですが、私的には、ブルーライトの量、浴びる時間の長さにもよるものだと思います。モニターから発せられる程度で焼けるっていうのは余程のことでもないでしょう。

 

それよりもスマホやパソコン時の姿勢の方が気になりますね。姿勢が悪いと顔がたるみ、しわが出来、肌もくすみますから。猫背ほど、女性を老けさせるものはないと思っています。

 

 

ブルーライトは肌の大敵か?

ブルーライトも過剰に浴びれば、紫外線同様、人体に影響があるのは確かでしょう。ですが、物事には両面ありますよね。元々自然光の中にあるブルーライトが何かを知って、上手にお付き合いすれば、そこまで怖がる必要はないと思います。

 

ブルーライトで焼けて、真っ黒になった人を見たことがないですし、私も焼けていないです。

スマホ焼けネコ

※ネコの顔が黒いのはブルーライト焼けではございません。

 

紫外線だって、肌に関しては悪者のように言われて嫌われていますが、洗濯物を干せば、殺菌作用があり、室内干しのような嫌な匂いが残らないのは、この紫外線のおかげです。

 

しかも何より、紫外線は人にとって、とても必要なビタミンD3の生成も担っていて、体内のカルシウムを利用する効率が高まり、これが足りないと骨粗しょう症やくる病になるのは有名なお話ですね。人の体にとって、なくてはならないものです。ブルーライトも然りですね。

 

美容に良くないからと言って、紫外線もブルーライトも害だとして、徹底的に避けられたとしても健康を害してしまえば元も子もありません。真の美は健康の延長線状上にあるものです。

 

では、そのブルーライトと、どう付き合っていけば良いのか?次でお伝えしますね。

 

 

目と肌を守るブルーライト防止対策

普段の生活からブルーライトを避けるなんていう極端なことはしなくても良いと思います。自然に光の中にあるブルーライトは今までも浴びてきていますし、それでも白肌を保っている人もいるのですから、そこまで極端に避けると、不健康になります。

 

皆様が1番心配しているのは、目への影響やテレビやパソコンやスマホから浴びるブルーライト焼けでしょう。前述した通り、完全に避けるのは無理なので、気になるのであれば、これを抑えていけば良いのです。仕事でどうしてもパソコンやスマホを見る時間が長いこともある私は以前からこれを実行しています。

 

1、大切な目のためにブルーライトカット眼鏡で保護する

   朝からブルーカットメガネは必要ないですよ 

   目が覚めず、頭が冴えずでやる気がなくなります)

 

2、画面の明るさを落とす

   モニターが明るいと眩しくて、目が疲れてしまうので暗めに設定しています。

   目のためですが、肌にももちろん負担が軽くなるでしょう。

 

3、ブルーライト軽減アプリを使用する

    iPhone      https://app-liv.jp/customizations/screen/2945/

     Android      https://android.app-liv.jp/customizations/screen/2945/

    ほとんどの端末に対応 https://justgetflux.com

 

   これなら、ブルーライトカットフィルターを買う必要はないですし、

   場合によってはメガネもブルーカットしなくても良いかもしれませんね。

 

4、連続して浴びるのが良くないので、1時間に1度は休憩を入れる

 

5、光は浴び慣れていない人が気をつけることで普段からじわじわ浴びているのであれば、そこまで怖がらなくてよい

   紫外線も同じですが、色白のインドア派が一気にレジャー紫外線や長時間の生活紫外線を浴びると、

   ダメージは大きいのですが、徐々に夕方の弱い陽の光で短時間から肌を慣らしていくことで、

   肌の紫外線に対する力が強くなり、比較してシミや 日焼けのダメージを受けにくくなります。

   これはおそらくブルーライトも同じでしょう。

 

   肌の色は黒いほど、日光に対する抵抗は強くなりますので、

   ダメージは色白肌と比較して小さくなります。        

   色の白い欧米人 にシミだらけの人が多いのもうなづけますね。

 

6、スマホやテレビ、パソコンから距離を離れ気味で見る

スマホ焼け

※ネコの顔が黒いのはブルーライト焼けではございません。

 

7、マスクとメガネで対応してみるのも有り

   この手もありますが、ダメージ肌の方はマスクの摩擦で肌をより傷めるし、

   ストレスがかかりやすいのであまりお勧めしません。

 

日焼け止めのコスメは室内でテレビや照明、スマホ、パソコンを気にして使っていたら、肌は24時間フル稼働になり、その方がかえって肌の負担となり、ダメージになります。たとえ、眠っても安心と謳われているミネラルファンデであっても、不自然なものを24時間、年中無休で塗り続けて良いはずがありません。あまり大げさな情報に乗せられないことも肌を守る道の1つです。

 

そもそも、紫外線じゃない光だからといって特別にブルーライト用のコスメを使わなくても、ファンデーションやパウダーには光そのものを反射させるものが入っていますので、普通に紫外線対策をしていれば大丈夫でしょう。

 

念のため、ブルーライトカットを謳っている化粧品の全成分を調べてみましたが、紫外線散乱する顔料は入っていますが、特別な成分はそれ以外見当たりませんでしたので、ブルーカットだけを特別に狙ったものではないという裏付けになると思います。

(そんなことをしなくても、パウダーやファンデの粉体は光そのもの(紫外線もブルーライトも含めた)を散乱するものなので)

 

家にいる時でも、洗濯をしたり、犬の散歩をしたり、窓から降り注ぐ日光もあるのですから、そのために軽く紫外線対策はしておくべきなので、それで十分かと思います。

 

仕事柄、長時間ブルーライトを浴び続けるような方で、気になるようでしたら、以上に述べた対策を行った上で、メイクをしていれば光を跳ね返します。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

対策は以下でした。

1、大切な目のためにブルーライトカット眼鏡で保護する

2、画面の明るさを落とす

3、ブルーライト軽減アプリを使用する

4、連続して浴びるのが良くないので、1時間に1度は休憩を入れる

5、光は浴び慣れていない肌なら気をつけるべき、普段からじわじわ浴びているのであれば、そこまで怖くない

6、スマホやテレビ、パソコンから距離を離れ気味で見る

7、マスクとメガネで対応してみるのも有り

 

空が青いのもブルーライトのおかげ、ブルーライトには良い点も有り、朝はこれを浴びないと目もスッキリ覚めませんし、頭も冴えません。

 

普段から自然でも人工でもブルーライトにはお世話になっているので、そんなに怖がらなくても、現代人には欠かせない物や技術がそうなっている以上、あまり過敏なのは考えものです。生活に支障をきたします。

 

色々、言っていたら、空気も吸えないし、水も飲めないし、食品も食べられない、超スローライフを目指さざるを得なくなります。偏りすぎには気をつけてくださいね。

 

ブルーライトが気になる方は、限度ある使い方さえ押さえて、夜に必要以上にスマホやパソコン、テレビを見ないなどの工夫をして、ブルーライトとお付き合いしていきましょう。

 

ここまでお読みくださって、有難うございました。

 

 

肌がみるみるキレイになった!どんなことしたの?をE-bookにパッケージ

無料ダウンロードE-book

 

20分で学べる!貴女の肌に合ったスキンケア

<肌に合っていないから肌トラブルやたるみを招く>

オーダーメイドスキンケア

マリリンの受講生さん達をキレイにしてきた実例と

スキンケア方法を写真付きで解説!余すところなく公開!

実践編もついて、このボリューム。

是非、あなたのこれからのスキンケアに

お役立てください。

期間限定の特典付きなので、

今のうちにダウンロードしてみてください。

たるみスッキリ!

 肌しっとり!

この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 毬谷の読む秘密のアンチエイジングコスメ , 2018 All Rights Reserved.