肌トラブル知らずで マイナス10歳以上の肌に

ザラついた肌をみずみずしく滑らかな肌にするための美肌食事法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

みずみずしい滑らかな肌にするには?

 

はい、マリリンです。滑らかでみずみずしい肌は理想の肌ですね。なのに、ある朝、気が付くと肌がザラザラ、乾燥気味・・・そんな時は食生活を改めるのも1つの方法です。

 

今回は、女性の肌のみずみずしさ、滑らかさに必要なビタミンB2の説明をさせていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ビタミンB2とは?

ビタミンB2が不足すると、みずみずしい滑らかさを失います。ビタミンB2と肌の細胞は密接な関係を持っていて、シューマンの<美容ビタミン>ということで知られています。

 

糖質燃焼がビタミンB1なら、ビタミンB2は脂肪燃焼のビタミンと言われているので、ビタミンB群全てを摂ることで、何やら肌だけでなく、ダイエットにも欠かせないもののようです。

 

 

ビタミンB2が不足するとどうなる?

ビタミンB2が不足すると、以下のようなことが起こりやすくなります。

 

ビタミンB2不足によって起こるもの

みずみずしく滑らかな肌を失い、乾燥する

くちびるの皮がはげる

口角炎

脂漏性湿疹

舌炎・鼻炎

妊娠中に欠乏しやすい

アルコールやたばこの害を受けやすい

キレやすくなる

神経衰弱

喉の痛み・浮腫

眼精疲労・視力減退・いわしの目

脱毛・毛質の劣化

 

肌に関しては、やはり肌が乾燥したり、口や鼻の部分に炎症が出やすいようです。

 

 

ビタミンB2の摂り方

ビタミンB2は水溶性のビタミンですが、常温の水には溶けにくく、体がB2を貯める力には限界があります。なので、大量に摂取しても余分なものは体外へ排出されていくので、毎日摂ることをお勧めします。

 

また、セルロースや乳糖を一緒に摂ることでB2の合成が活発になります。

 

ビタミンB2が多く含まれる食べ物

うなぎ・レバー・セロリー・うずらのたまご

納豆・たらこ・すじこ・うに・牛肩肉

鶏卵・ニラ・めざし・春菊・生かき・青魚・鮭

牛乳・はまぐり・のり・チーズ

 

牛肉と野菜の繊維質の多いものはB2が増えそうですね。

 

まとめ

いかがでしたか?ビタミンB群は体内に貯めることが出来ないので、毎日の食事で、3食で摂れると効率的ですね。朝はのり、納豆や牛乳、お昼は鶏卵やのり、チーズ、夕方には動物性の食品に繊維質の多い野菜などで摂取できそうです。

 

何かと肌との関りの大きなビタミンB2ですから、美味しく食べてみずみずしい滑らか肌づくりをしてくださいね。それでは。

 

 

肌がみるみるキレイになった!どんなことしたの?をE-bookにパッケージ

無料ダウンロードE-book

 

20分で学べる!貴女の肌に合ったスキンケア

<肌に合っていないから肌トラブルやたるみを招く>

オーダーメイドスキンケア

マリリンの受講生さん達をキレイにしてきた実例と

スキンケア方法を写真付きで解説!余すところなく公開!

実践編もついて、このボリューム。

是非、あなたのこれからのスキンケアに

お役立てください。

期間限定の特典付きなので、

今のうちにダウンロードしてみてください。

たるみスッキリ!

 肌しっとり!

この記事を書いている人 - WRITER -
毬谷 麗子(マリリン)美女づくりのプロフェッショナル!リバースエイジングデザイナー <乾燥肌><インナードライ肌><顔のたるみ>は専門中の専門 一般の肌断食とは違う毬谷流肌断食(マリリン流肌断食)を提案 【Advantage】メイクの仕上がりもキレイなスキンケア、スキンケアを意識したメイク 【好きなこと】旅行・TDL TDS・モータースポーツ・ワイン 
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 毬谷の読む秘密のアンチエイジングコスメ , 2018 All Rights Reserved.